皮膚の構造を知らない方も多いのではないでしょうか。皮膚と体毛は、体温調節などの重要な働きを持っています。ムダ毛は処理してしまうのが一般的ですが、方法次第では皮膚に大きな影響が出てしまいます。そのため、皮膚の構造を知っておきましょう。

毛と皮膚の構造について

体毛と皮膚は非常に密接に繋がっています。皮膚は外部の刺激から守る役割を持っており、さらに毛がそれをカバーします。皮膚が少なくなると刺激を受けやすくなり、外敵から身を守るすべも無くなってしまうのです。

皮膚は3つに分けられる

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの構造に分けることができます。表皮は外部の刺激を守る役割を、真皮は毛細血管が巡って毛根へ栄養を運ぶ役割を、そして皮下組織は体温調整や栄養補給の役割があります。

体毛は毛根から生えている

毛は毛根から生えていますが、毛根は真皮の奥深くに存在します。皮下組織にある血管から真皮の毛細血管を通じ、毛根まで栄養が運ばれています。そして毛根が栄養を受け取り、体毛を成長させているのです。

毛は皮膚と密接な関係にある

毛と皮膚はとても密接です。脱毛する際は、いかに肌へのダメージを抑えつつ毛を処理していくかが重要になります。方法次第では肌への影響が大きいので注意しておきましょう。