若さを奪い返したいというお願い

笑うって頬に行えるほうれい線。ういういしいころはあまり気にしていたわけではないのだけど、年を重ねるごとに跡が止まるようになった。

さすがに気にしないわけにもいかず美容液によってみたりもしたのだけど、消えて枯れるはない。

目のあたりの小じわ、口の周りに行えるほうれい線、眉間のしわ、探したくないのだけど、メークをするときにあまりに探して仕舞う。

一年中処置はやるものの、次いでどうこう変わるものではないらしき。

状態の美しさ、若さは失って初めてそのプラスのがたいに気付いて仕舞う物体なのだろうか。

多少なりとも幼く見られたい、多少なりとも若々しくありたい、そんな想定が益々大きくなっている。

とりわけ昔の仲良しに巡り合うってそれほど想うことが多い。同窓会ともなると。。。

5階層、10階層、そうして20階層。ご時世が通り抜けるのをこれ程手っ取り早いと感じたことなど今までなかった。

年を取るとはこういうことなのだろうか。後10歳、いえ5歳で良いから若さを奪い返したいという願って仕舞う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です